So-net無料ブログ作成
検索選択

日本刺繡に初挑戦し玉砕。

日本刺繡に初挑戦した。(写真貼り込み、2016年2月4日20:38)
DSC_1785.JPG
練習なので、刺繡わくはフランス刺しゅう用のもので代用。

とりあえず基本の 桜の花びら5枚から。
DSC_1786.JPG
上から時計まわりに、1)、2)、3)、4)、5)の順でさした。

糸よりがタイヘンそうなので、絹穴糸を使ってみた。
DSC_1792.JPG
(1)まず、本のとおり糸を平行に刺すのが難しい。
右半分、あとから隙間を埋めたら・・・うーん。糸が平行にならないし、ぎゅうぎゅう。
左側、ぬい終わりを2回すくったのも すごく目立つ。

DSC_1793.JPG
(2)おかしいとき、ほどいて刺し直したもの。少しマシになった。
が、形はまだいびつ。下絵の線のどこまでぬっていいのかわからない。
終わりの2回すくいは裏側ですくってみた。
80cmの穴糸で、花びら2枚刺せる。

DSC_1796.JPG
(3)まだ 穴糸を使った。(うっかり、色を間違えたが練習なのでそのまま刺す)
刺す壱はカーブに合わせずらしながら糸は平行に、というのがまだ難しい。
下絵の線の内側を刺すのか、外側か、わからないなあ。

DSC_1798.JPG
(4) 形にはなった。

DSC_1799.JPG
(5)教本どおりに 釜糸を自分でよってみたもの。糸80cmよって(釜糸約160cm)で花びら1枚刺せる。
ツヤが出て、糸がふっくらするので花びららしく刺せた。
しかし 糸のよりってどのくらいかけるのか 見当つかなかったし、ヨリにムラやホツレもが出た。

DSC_1787.JPG
5)続き、裏返すと、糸が余ったり、からんだり、してしまっていたーー。

初挑戦は、玉砕。

しかし、失敗をふまえて、ネットで調べる
・糸よりをしている動画を探した。
下より:手のひらの端からはしまで全体を使って3回、
上より:下よりと比べると中くらいに手を動かし5回。
・基本、下絵を隠すように 線いっぱいいっぱいに刺す、
・桜の花びらの刺し方のコツ=トガリ部分は一針外側、へこみ部分は一針内側を刺す。
・花びらの 両端は、あまり短い線でしつこくぬいつづけると、いびつにでっぱるのでぬわない。
等の情報をみつけた。

やってみてからだと 意味がよくわかったので、次回改善してみます。




◇◇◇◇◇
タグ: 日本刺繡

2016年、新年の抱負。 [好きなキャラを作るぞ。]

2016年 になりました。

2016年は、もうあと、3カ月ほど、縫製学校に通うのと、家のお片づけを続けます。
4月には 実家へ父の蔵書を引き取りにゆきます。
そのあとは、
これまで、このブログで やりかけのままになっている、
改造で好きなキャラを作ったり、人形ドレスを縫ったり、かわいい人形(怪しい人形?)写真を撮ったり、
のブログを、再開しようと思います。

更新頻度も、もう少し上げるつもりです。

本年も どうぞよろしくお願いします。

2016年 1月 1日。オレンジブラン。



◇◇◇◇◇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。